中学国語 語彙力アップ! 2

【故事成語】

羹(あつもの)に懲(こ)りて膾(なます)を吹く

(意味)一度の失敗に懲りて、それ以後、必要以上に用心する。 熱い吸い物で口をやけどした者が、冷たいなますまで口で吹いてさまそうとした。

【四字熟語】

暗中模索(あんちゅうもさく)

(意味)暗闇の中で手探りで探すこと。

唯々諾々(いいだくだく)

(意味)言われるままにはいはいと承諾すること。

意気軒昂(いきけんこう)

(意味)意気込みが盛んで元気があること。

【慣用句】

足が早い 

(意味)食物などがくさりやすい。

足が棒になる 

(意味)長時間歩いて、疲れ果てる。

足を洗う 

(意味)それまでの仕事をきっぱりとやめる。

【ことわざ】

悪事千里を走る(あくじせんりをはしる)

(意味)悪い行いは、たちまちのうちに世間に知れ渡る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です