中学国語 語彙力アップ! 6

【故事成語】

画竜点睛(がりょうてんせい)

(意味)最後の仕上げが重要であること。

梁(りょう)の絵の名人が竜の絵を描き、瞳を描くと、たちまち二匹の竜が絵から飛び出して天に昇って行った。

【四字熟語】

一目瞭然(いちもくりょうぜん)

(意味)一目見ただけではっきりわかること。

一蓮托生(いちれんたくしょう)

(意味)同士が運命と行動をともにすること。

一喜一憂(いっきいちゆう)

(意味)喜んだり悲しんだりすること。

【慣用句】

頭を冷やす 

(意味)興奮を鎮めて、冷静になる。

生き馬の目を抜く 

(意味)素早くて油断もすきもない。

息がかかる 

(意味)有力者の後援を受けている。

【ことわざ】

案ずるより産むが易し

(意味)実際にやってみると、事前にあれこれ心配するよりも簡単である。

中学国語 語彙力アップ! 5

【故事成語】

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

(意味)目的を遂げるために自らに試練を課し、努力すること。

呉王夫差(ごおうふさ)は父を」殺した越に対する復讐の気持ちを忘れないために、薪(たきぎ)の上で寝るという苦労をして越を降伏させた。越王勾践(えつおうこうせん)は、敗戦の屈辱を忘れないために、苦(にがい)い肝(きも)をなめるという苦労をして十数年後に呉を破った。

【四字熟語】

一日千秋(いちじつせんしゅう)

(意味)一日が千年のように感じられるほど待ち遠しいこと。

一念発起(いちねんほっき)

(意味)あることを成し遂げようと決心すること。

一網打尽(いちもうだじん)

(意味)一度に全部捕らえること。

【慣用句】

頭が固い 

(意味)自分の意見を変えない。

頭が下がる 

(意味)感心する。

頭を抱える 

(意味)名案が浮かばず、困り果てる。

【ことわざ】

雨降って地固まる

(意味)もめごとの後は、かえって基盤がしっかりする。